起き抜けにコーヒーを飲んでいると携帯がぽろーん。
"Hello from Harlem"

なんだろう?ハーレムから???

開いてみると、Walter Grandberry氏。2009年にNYに行った時、ピアノのレッスンをしてくれた、とても素敵な先生。

”I read your post from 2009 blog. Thank you so much for your wonderful and heartfelt comment. I really appreciate it.”

・・・・・!!!!!!!

なんてこと。。。。
その時以来のご連絡。実に8年ぶり。ブログを読んでくれたって言っても8年前の日本語の記事なわけで、よくぞ見つけてくださったというのと、翻訳して読んでくださって、さらに連絡まで。。。

あかん泣く。
その先生のレッスンのことはこちらに書いてあります。

Lucky to be Me

久しぶりに読み返してみた。

+++
歌とかピアノのテクニックは、もう別にやることは無いよMegumiは。 
君の中にあるものを、自由に解放すればいいんだよ、誰も君を縛らない、何も決まってることなんてない。 オリジナルでも、ジャズのスタンダードでも、どんな歌を歌っても、演奏しても構わない。 

日本語でも英語でも、何語だって構わないんだ。聞く人が、その言葉をわからなくたっていい。 

僕は、そして、君を見に行く観客は、「君」のことを聞きたいんだよ。君の話が、聞きたいんだ。君っていう人に、君っていう人柄に、触れたいんだよ。 ピアノを演奏しようが、歌を歌おうが、ギターだろうがベースだろうがドラムだろうが、楽器は別に関係ない。 

黒人とか、白人とか、日本人とかメキシカンとかアメリカ人とかそんなことも関係ない。 

僕らは、"人間"だろ?同じ人間だよ。そうだろ? 

楽しいことがあれば笑い、悲しいことがあったら泣く。それは、どんな人種だって、どんな国の人だって、おんなじなんだ。 

君の中にあるものを、お客さんは、そして、僕は、全部見たいんだよ 

音楽をやってたら、つらいこともいっぱいある。 
だけど、僕らArtistは、 Artistであることが、【mission】なんだ。 

全てのことは、そのmissionのためのpreparation(準備)なんだよ。 

10代は20代のための 
20代は30代のための 
30代は40代のための 
この人生は、生まれ変わったあとの、次の人生のための 
全ては、準備なんだよ。 

+++

やっぱこの方、私の先生。

あー頑張ろう。ほんま。明日からヒーテレ2days。

Walter先生、会いたいなあ。。。


3259856