奥本めぐみのこんなん思とう

シンガーソングライター&フラメンコカンタオーラ・奥本めぐみの公式サイト
2016.8月よりこちらが公式となりました
それ以前の日記や記録などは http://megumi-okumoto.blog.so-net.ne.jp/

若い方に告ぐ。


やりたいことがあるなら今すぐやれ躊躇するな


反対するやつなんか相手にするな成功しても陰口叩く連中だ


目上のやつのあれを経験してからとかの手順は無視しろ、開拓者は手順なんて二の次だ


金がなけりゃどうにかしろ、バイトして稼げ、そして全部使え


時間は待ってはくれない


年が行ってからの挑戦も出来る、でもな

若いとき"しか "出来ない挑戦がある。

年齢制限ってのはいつでも、残酷にのしかかる


年が行ってする最大の後悔は

[あの時やらなかったこと]


若い方に告ぐ

今すぐ飛び込め


出来ることなんて1つでいい。

何でも出来る必要なんかない。


躊躇するな

どうにでもなる

その気持ちがあれば。


ーーー

久しぶりに、歯ぎしりするほど悔しい思いをした。

軋んだ歯を毟り取りたいくらいに。

でもこればっかりは、もうリカバー出来ない悔しさ。


あの時

やらなかった自分。




ランドマークタワー最上階シリウスでの演奏終了、後の、いつもの。クリスマスソングシーズン到来。

最近シリウスでは、どんだけ小さい音量で豊かにやれるか、に命かけてます。ヒーテレの3%くらい、いや、もっと小さいかも、な音量。

いいグランドが入ってるので、小さくたっぷり鳴らしてやりたい。

クリスマスに浮かれる街並み。
ええ、嫌いじゃないっす(・∀・)

月と観覧車。お。一曲できそな言葉。



普段だーれもいないこのスペース、カップルだらけ。


というわけで、本日の職場。
お疲れさまでした。

茅ヶ崎スペインクラブでのフラメンコライブ終了。平富恵舞踊団のお仕事でした。

カンテ始めて3年目。当日構成言われても歌詞見んでもパッと対応出来る曲種がようやく数曲出来てきた。なかなか全曲種それが出来るまでになるにはもうちょっとかかりそうやけど、それでもちょっと進歩。

乾杯♪

昨夜、無事終了しました、初の全曲スペイン語ライブ。
たくさんのお客様にご来場いただき、本当に感謝です。

在阪時、多い時は年間100本近いライブのほぼ9割以上がリーダーライブでしたが、こちら関東に来てからはやり方を変えようと自主開催のライブはほとんどやっていませんでした。が、今夏、昨日のNovember 11thさんにゲストで出させていただく機会が出来、ぜひ何かやってくださいとお声かけ頂いて今回に繋がりました。

まだスペイン語もおぼつかないのに全曲スペイン語、しかも半数以上が初めてやる曲とか大きく出たものの、1週間前に重要な曲を変えたりしてさすがにこれ間に合わんのちゃうか、、、と言う気分になりましたが、無事に終えられて、またお客様方にも楽しんでいただけたみたいで、よかったです。お花までいただいちゃったりして。ありがたや。。。

昨日のアンコールで少しお話しましたが、フラメンコのカンテもそうですがどんな伝統的な音楽でも最初は全て”誰かのオリジナル”。これはいつも自分が音楽をやる時だけでなく何かを見る時やる時、全てのものは”最初に誰かが創り出したもの”ということを念頭に置いています。クラシックであっても民謡であっても車であってもお皿であっても、人が作ったものは全て誰かが初めて作り、その後天才的もしくは変態的な誰かが大きく改革しながら物事は進んで来たのであって、こうでなくてはならない、というものは一つも無い。

美しいものにするならば、破ることのできない規則などない、とはベートーベンの言葉だそうですが、日本語だろうがスペイン語だろうが英語だろうがフラメンコであろうがPOPSだろうがJazz-Funkだろうが、聞いていて心地よいもの、歌っていて楽しいもの、かっこいいなあ美しいなあと思えるもの。音楽に携わっている以上、そういうものを作り出してゆきたい。昨日スペイン語だけにこだわったのは、そこをもう一度確認したかったからでもありました。

いろんな歌を歌ってきました。いろんな歌を書いてきました。これからもいろんな歌を歌っていこうと思います。というポエムてへぺろ(・ω<)古。

▪️2017.11.17(金)Canto en el Español@赤坂November 11th
第一部
1.Con los años que me quedan
2.Alegrias y Cantiñas
3.Lucia
4.Tangos
5.Cuando nadie me ve
6.Solea

第二部
1.Volver
2.Malagueña y Abandolaos
3.Dos Gardenias
4.BuleriasーCariño Mioー
5.Petenera
6.Guajira y Colombiana

アンコール
花の名前(オリジナル)

歌:奥本めぐみ
ギター:柴田亮太郎

IMG_2732


いよいよ明日となりました。初の全曲スペイン語ライブ。連日絶賛追い込みリハーサル中。

フラメンコ定番カンテの新曲4曲を含み半分以上が初披露曲。自分で勝手にハードルあげてひーひー言うとるわけですが、どれも聴き応えある歌ばかりです。ってそれはいつもかw

どのジャンルをやるにしてもいつも、単純に音楽として、単純に曲として捉えて演奏したい。フラメンコだから、とか、Jazzだから、とか、Funkとは、とかじゃなく。そうでなくても小さい自分が、そうでなくても狭い知ってる範疇だけでかけるフィルターほど邪魔なものはなくて、古いからいいとか、新しいからダメとかその逆とか、そういうのもなく、これ、ええ曲やん、っていうものをやりたいのです。

今回はフラメンコだけでなく、スペイン語のPOPSとかもやります。言葉が違うと響きが違って、口の動かし方とかほんと難しいし、慣れない音の並びとか本気で舌を噛んだりするし。フラメンコのカンテも、今までやった曲でも違う歌詞のもので、響きや歌詞の内容が好きなものを選んでいます。フラメンコの面白いのは、同じメロデイに違う歌詞がいっぱいあるところ。きっとそれぞれの歌い手が、このメロデイやったらこっちの方が響きええやろ、とか、こういう内容で歌いたい、みたいな感じで作られたり変わっていったものがたくさんあるんだろうな、と。

とにかくまずは、第一歩。こんな初企画ですが、ご予約たくさん頂いております。ありがとうございます。歌とギターっていいねえ、っていう夜にしたいなと。

では明日の夜、赤坂にて、お待ちしております。


171117 奥本めぐみ&柴田亮太郎@Nov11フライヤー

↑このページのトップヘ